FC2ブログ

カテゴリ工房 1/2

オーバーホール始まりました。

こんにちは。夏休みも佳境に入ってきましたね。昨日は北茨城市民祭りにも参加させていただき、夏を満喫しつつも終わりを感じ始めています…。夏祭りでは、たくさんのご来店ありがとうございました。市民踊りや花火を見ると、夏~~!!ってかんじがしますね。さて、そんなシリカではガラス溶解炉の大規模なメンテナンスがはじまりました。職人さんが入って、ぼろぼろになった熔解炉内を修繕していきます。宙に浮く削岩機…。刺さって...

  •  0
  •  0

2号炉かいだし1007

どうも~~2ヵ月に1度の「かいだし」です。・・・真剣です。「かいだし」というのはガラスの溶けている炉に溜まっているガラスを、炉の後ろのトンネルから掻き出す作業です。1300℃まで温度アップをしたガラスを掻き出すので、完全防備で作業します。今回はガラス量が少なかったので、スムーズに作業も終了しました。ほっとひとあんしん。スタッフF...

  •  0
  •  0

後期講座始まりました。

こんにちは。三連休も明け、SILICAでは市民大学講座が始まりました。木曜日はバーナーワークと吹きガラス。土曜日は丸一日吹きガラスです。それぞれ半日ずつの長丁場です。初めての方、リピーターの方、北茨城市内外からたくさんの方々に受講頂いています。山の上までの往復、大変だと思いますが、全10回がんばっていきましょう!バーナーワーク初心者の方は、まずマドラーを作っていきます。(写真はスタッフが作ったサン...

  •  0
  •  0

1号炉、かいだし

7月29日に1号炉の2回目のかいだしを行いました。↓1号炉です。この中にガラスが熔けています。窯の裏に「かいほり口」という、熔けたガラスを掻き出す為のトンネルがあります。そこから道具を使ってガラスを掻き出していきます。いつも、レンガでせき止められています。ガラスをスムーズに掻き出す為に、窯の温度を約1300℃まで上げているのでとても熱いです!!!やけどしないように顔もすべて覆って完全防備で作業します。...

  •  0
  •  0

るつぼ

ガラス工房SILICA スタッフNです。最近の工房では“築炉”をしています。築炉とは、ガラスを溶かしている溶解炉という機械のメンテナンスです。こちらは“るつぼ”といって、溶けたガラスを入れる器です。実はよく見ると、SILICAと名前入りなんです!!このるつぼはこれから、6カ月もの間1000℃以上に熱され続けます!...

  •  2
  •  0